【投資の勉強】毎日チャートドリル 351日目【過去検証】

今日のチャート過去検証は、
SCREENホールディングス(7735)の株価です。

大日本スクリーン
半導体の洗浄装置が世界シェアNo.1!
印刷機器やディスプレー製造装置、
プリント基板製造装置なども展開。

SCREENホールディングス(7735)出題チャート

さて、このあとどうなるでしょうか?
上がる?下がる?それともレンジ(もみ合い)?


正解は・・・

 

 

 

 

 

 

SCREENホールディングス(7735)正解チャート

 

上がる!


上昇トレンドで、もみ合っているチャート。
よく見ると、上値は少しだが切り上がっており、
下値はキリの良い株価8000円での下げ止まりが
確認できます。やや上昇が優勢なもみ合いです。


①そんな8000円の下値支持線と、
 長期移動平均線にて反発上昇した後、

②過去に何度も下げ止まりや上げ止まりが
 確認できる中期移動平均線を上抜けし、

③過去の高値9000円も上抜け。

④最後に直近高値を更新した陽線が確認でき、
 一直線に上昇していったことから、
 上昇に勢いを感じることができます。


その勢いで、節目である10000円をあっさり超え、
11000円にてようやく上げ止まりとなりました。

上げ止まった後、陽線にてしっかりと11000円を
超えますが、直後に落下。その後急落。


再び上昇する!と思いエントリーしていたら、
高値掴みとなっている場面ですね。

こうなることを防ぐには、シグナルが複数出ている
タイミングでのみエントリーすることと、
移動平均線の乖離に注目すること。

移動平均線とは名前の通り、
一定期間の価格の平均値を表しています。
平均値から遠く離れると「買われすぎ」もしくは
「売られすぎ」と判断でき、投資家から警戒され
買い控えや反対に売られてしまったりと、
ある意味シグナルとも言える状態となります。

移動平均線乖離チャート例

チャートを見ると、過去にも同じように乖離し、
平均値に引き戻されているのが確認できます。
気を付けたいポイントですね!

 

移動平均線を学ぶならこれ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

移動平均線 究極の読み方・使い方 [ 小次郎講師 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/8/18時点)

楽天で購入

LINE証券口座開設